院長の思うこと

夏より冬の方が危険?

最近急にぐっと冷え込んできましたね。

ワンちゃんの僧帽弁閉鎖不全症からくる肺水腫の患者さんが続きました。

あくまで私の個人の感想ですが、夏より冬の方が、心臓病を持っているワンちゃんの症状が悪化するような気がします。

皆さん「この子は夏を乗り越えられるかな」と良く言われますが、意外と冬に悪くなったケースが多いように感じます。

人も死亡数が一番多い月は1月だそうです。

人は、冬に呼吸器系の感染症も増えますから何となく理解できますが、循環器系の疾患の悪化は人も動物も共通する部分があるのではないでしょうか。

気温差による血圧の急激な変動かもしれませんね。

お家の中で暖房器具の前にいたワンちゃんが、散歩で急に外に出たら何度ぐらいの差になるでしょうか?

例えば24℃の室内にいた子が、4℃の屋外に出た場合の温度差は20℃です。夏でしたら、仮に27℃の室内にいた子が35℃の屋外に出たとしても温度差は8℃です。

圧倒的に冬の方が、屋内と屋外の温度差が大きいということになりますね。

蛇足ですが、エアコンをメインに使う本院の電気代は夏より冬の方が高いです。

ですから、気温差による循環器系の負担を減らすために、心臓に持病がある子や老齢犬では、急に外に出さない、なるべく寒い時間帯の散歩は控える、服を着用させる、散歩時間を短くするか、散歩しないなどの対策が必要になると思います。

どうか寒い時期を元気に乗り切ってもらいたいと願っています。


たんぽぽ動物病院 心臓